お役立ち情報

   
 貸付が相当の対価を得ずに行われている場合には、小規模宅地等の特例−特定同族会社事業用宅地等の要件を満たさないので、評価減はできません。>> 本文へ