お役立ち情報

文書作成日:2019/02/19
サラリーマンから中古マンションを購入した場合「特定取得」に該当しますか

[相談]

 住宅ローンを組んで中古マンションを購入しましたので、住宅借入金等特別控除の適用を受ける予定です。
 住宅借入金等特別控除の適用を受ける場合の“控除限度額”は、「特定取得」に該当するかどうかで変わるそうですが、私の場合はこの「特定取得」に該当するのでしょうか?
 今回購入した中古マンションの前所有者はサラリーマンで、不動産業者の仲介で購入しました。


[回答]

 「特定取得」には該当しません。


[解説]

 一定の要件に該当する場合には、住宅借入金等特別控除の適用を受けることができますが、この控除を受ける上限額(控除限度額)は、その居住開始年がいつかによって異なります。
 特に、居住開始年が平成26年から平成33年(2021年)である場合、その住宅の取得等が「特定取得」であるか否かによって、控除限度額が2倍異なります。
 具体的には、「特定取得」に該当すると借入限度額は4,000万円となるため、控除限度額は40万円(4,000万円×1%)となるのに対し、「特定取得」に該当しないと借入限度額は2,000万円となるため、20万円(2,000万円×1%)が控除限度額となります。

 この「特定取得」とは、住宅の取得等の対価の額又は費用の額に含まれる消費税額等が8%(又は10%)の税率により計算すべきものの場合が該当します。

 本事例は、売買の相手がサラリーマンですから“個人間の売買”に該当し、消費税は発生しません。そのため「特定取得」には該当しないこととなります。


[根拠法令等]
 措法41、大阪国税局「個人課税関係誤りやすい事例(所得税法関係) 平成29年版」など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



金利1%未満でも住宅ローン控除は対象になりますか2019/02/12
セルフメディケーション税制/値引きがあった場合2019/02/05
セルフメディケーション税制/コピー添付でも証明書類として認められますか2019/01/29
セルフメディケーション税制/対象者全員が「一定の取組」を行う必要がありますか2019/01/22
セルフメディケーション税制/本人以外が行った「一定の取組」でも認められますか2019/01/15
セルフメディケーション税制/任意での健康診査も対象ですか2019/01/08
セルフメディケーション税制/世帯単位での選択適用ですか2019/01/01
セルフメディケーション税制/両方適用できますか2018/12/25
医療費控除と傷病手当金・高額療養費2018/12/18
給与所得の源泉徴収票の配布2018/12/11
年末調整による過不足額がその月分の納付すべき税額を超える場合2018/12/04
外国籍労働者の年末調整2018/11/27
休職中の従業員の年末調整2018/11/20
年末調整対象者から年末調整をしなくてもいいといわれたとき2018/11/13
年末調整の対象者は誰ですか?2018/11/06
今年の年末調整で気をつけるべき点は?2018/10/30
年末調整のスケジュール2018/10/23
労災上乗せ給付と所得税2018/10/16
従業員の医療費を会社が負担した場合の課税関係2018/10/09
遠隔地に居住する両親は扶養控除の対象となるか2018/10/02
民泊による収入の所得区分2018/09/25
時間外労働等改善助成金の収益計上時期はいつ?2018/09/18
法人成りと原稿料からの源泉所得税の徴収義務2018/09/11
賞与から控除する源泉所得税額の求め方2018/09/04
国民年金後納制度と社会保険料控除2018/08/28
セルフメディケーション税制/従来の医療費控除との選択適用2018/01/09
セルフメディケーション税制/取組を明らかにする書類とは2018/01/02